この部分はページのヘッダーです。 サンプル HTML ページ この部分はページ本文です。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまここでニコはんぶんこ!nicohanbunko Blog&楽しい事

私的素敵たまに詩的に綴ります♬1年間で124㎏から62㎏体重はんぶんこ!に成功したプロうさぎ。2017年始動♥大好きな冒険世界やエンタメ話、これまで人生体験談、ダイエット話&創作などしていきます🎵ぽてぽて、ふんぎゅ、!♪、☆

ニッコル(ニコはんぶんこ)自分史2017年 3月 Ver【プロフィール】

 

はじめまして。ニッコルです。

※ブログ著者・ニッコルの詳細プロフィールです。

 

 

 

見出し

 

 

f:id:nicohanbunko:20170424171317j:plain

 

ニッコル(ニコはんぶんこ)

1980年 生まれ 36歳。宮崎県出身。

高校卒業後、上京し、吉本総合芸能学院(東京NSC5期)へ入りそのまま舞台制作やテレビ制作の仕事に携わるが暗黒物質ダークマター級のブラックっぷりに心と体を壊し表世界から徐々にフェードアウト。その後、クリエイティブ活動をもんもんとしたり、人に言えないお仕事プロネカマー、ネトゲーなどにハマり裏世界、幻想世界へひきこもり。

出身地、地元へ戻り、飲食店経営をしながらなんとか生きていてが、昼夜逆転生活、趣味はグルメという暴飲暴食が災いし124㎏、りあるおデブ、ネット上では美少女という2つの顔や体が生まれる。

2015年末、夢や小さな頃から自分がしたかった事などを思い出してく中で、今の自分がかなりヤバいという事をようやく自覚し2016年の1年間で124㎏あった体重をはんぶんの62㎏以下(体脂肪一桁のアスリート)まで落とし込みダイエット成功!

 

2017年、自分の人生を取り戻す為、新しい挑戦、はじめたところです。

が、経験値のなさに現在、悪戦苦闘中!

これまで体験談やこれからをいまここから発信していきたいと思います。

いまここでニコはんぶんこ!

よろしくおねがいします。 

 

 

※追記

と上の方に普通ぽい、プロフィール書いてみましたが。ぽてぽてふんぎゅ、♪とか私的素敵たまに詩的といった様な自分の中のどえむポエムどえす!な部分も出してみたく悩ましいところでございます。ブランディングというものが難しいです。

 

【更新履歴】

 2017年 3月23日 18:00 TIME UP っ!

※未完成で、誤字脱字、酷いままですがUPしました。お辞儀

 リライト予定です。

2017年 4月7日 追筆

※少し調整しました。

継続ときどき編集追筆予定。

 

twitter.com

 

※ブログ超初心ド素人です。

 エピソード等、これからマイペースですが増やしていきたいと思います。お辞儀。 

 

ニッコルの生い立ち 少年期 エンタメ世界 クリエイターへの憧れ

小さな頃から、映画やゲーム、テレビ番組といったような、エンタテイメント、素敵な作品や物語世界が大好きでした。

2歳の頃からドラえもんにハマる。思春期を除いて映画ドラえもんは毎年3月、必ず劇場で観る。私にとって初詣の様な特別なもの新年度へ向けてのドラ詣で。

この世界には素敵な場所が沢山!自然や人工物、様々な街やテーマパークがあるという事を知り、いつか行ってみたい!と夢抱く。テーマパーク行きたいから創りたいという気持ちも密かに芽生えてた。

小学校の卒業文集に、世界中のテーマパークめぐり、映画スタッフなりたい!と書いていた。

物語世界や素敵な作品を創る仕事をしている人、何かを創る世界があるという事を知り興味を抱く。クリエイターという職業を意識するようになっていた。

塾の先生に「ニッコルは物語好きだから、ドラゴンクエストするといいよ」と言われれ『ドラクエ5』を発売日に買う。衝撃を受ける!その流れでファイナルファンタジー、FFシリーズにハマる、RPG、ゲームに恋をし愛しちゃう。人生に大きな影響を受ける。(現)スクウェア・エニックス大好きっ子になる。

 

【未来記事】

ドラえもん 新声優初お披露目会へ!ドラえもん好きだからこそ応援したい』

ドラゴンクエスト シナリオライター最終面接 堀井雄二さん』

 

憧れの人や仕事が沢山!ファンレターを出しいろんな人に会いに行った

高校時代、勉強よりなにより早く仕事がしたかった。ものを創りそれを届けている大人たちが魅力的でかっこよく仕事をしている大人たちが眩しかった。

飯野賢治というゲームクリエイター高橋歩という自由人、仕事というものにとらわれず人生を楽しんだり、経験や考えを作品に落とし込み私達に届けていた。大人に早くなりたかった。

どうしたらいいかもわからないただの無力な田舎の高校生の私はファンレターや企画書を出したりしながら会いに行ったりしていた。

手紙を出すこと、届けるという事をはじめだした瞬間だった。逢いたい人、いきたい場所に自分もいたい、一緒していきたいという気持ち。

だけど高校生の私は無力だった。実戦をこなし、実際に自分の力で動いている人たちの言動は重く、ただぽやぽやと夢だけを語る無力な自分が悔しかった。大人はかっこいい。「すごい!」無力な私は力を付けたかった、早く大人になりたかった。

 

【未来記事】

『にっこるラブレター 飯野賢治さんへ 人生初めての企画書 高校時代』

『にっこるラブレター 高橋歩さんへ 毎日が冒険 そして小笠原諸島へ』

 

吉本総合芸能学院(東京NSC5期)そして吉本興業 舞台制作

どうすれば自分の大好きな事を仕事にできるのかな?、映画やゲーム、エンタテイメントを作る大人になれるのか?と考えていた私は、吉本総合芸能学院(東京NSC5期)という道を選択しました。様々な事業やマネジメント業をしている場所、集まる場所。そこに行けば、そこから何か掴めるんじゃないか?という高校生の私が出した選択肢。

東京NSCからそのまま、吉本興業で舞台制作などに携わる。

 

【未来記事】手紙?

『にっこるラブレター キングコング 西野亮廣さん 16年の片想い』

 

テレビ制作時代 超絶ブラック・マスコミ時代 そして、病気へ

映画、テレビ制作、映像というもの興味があった私は、テレビ制作の仕事に携わります。しかし、あまりにもブラック!テレビ制作、マスコミ業界、私は無理でした!

半年無休、一週間不眠、「エレベーターで寝てたでしょ?」と掃除のおばさんに言われるがエレベーターで寝るわけないよね…。気絶、気を失ってました。マルチな人なら余裕かもしれないけど、私には無理。人増やして欲しいと懇願した。じゃないとホント死ぬと思ったから…。自殺なんて嫌なので、辞めた。

 

【記事 エピソード】

夢を叶える前に過労死したら意味がない!夢、叶える為生き残れ! テレビ制作時代、過労死寸前だった私の話。 - いまここでニコはんぶんこ!nicohanbunko blog

 

前後し、私が二十歳の時に、父が急死したり、祖母が死んだり身近な不幸が続いた。母は最愛の人や親を続けて亡くしてた。

私は、心と体がだんだんと壊れてしまっていた。当時の私はそれすら知らず、気づかずだった。

パニック障害という病気、自律神経系の病気だという事がわかるのはずっと後、7年後ぐらい。いきなり心臓が痛くなりどうする事もできなくなる、いつその動機が襲って来るのか解らない、この動悸の正体すら解らず、外科内科、脳神経外科ありとあらゆる病院を回るけど、全く正体がわからなかった。再現される、繰り返される動悸、また起こるんじゃないかという恐怖心、正体不明の動悸と戦う方法が解らなかった。映画館に行って動悸が起これば、また同じ場所で動悸が起こるんじゃないか?大好きな場所へ行くにも辛かった。

 

クリエイティブ業界で働き続ける事が難しくなっていた。悔しかったっ!

心臓を抑え、トイレの中で苦しんでた。心臓が痛いなんて言えない…。言ったら責任のある仕事なんて任せられない、責任ある仕事、好きな仕事ができなくなっていく。

だから「すいません、風邪っぽいので早退させて下さい」といい退社。他から見れば、体弱いヤツ。

 

表舞台からフェードアウト、裏世界、幻想世界へ プロネカマ

テレビで活躍したり露出の増えていく同世代、知人たちが羨ましかった。悔しかった…。私もその場所に居るはずだったのに、諦めたくなかった。

もんもんとしている私に知り合いの脚本家が裏稼業、お仕事を紹介してくれた。割と良いお給料に加え、文章スキルも磨かれる?…、私は女子高生や若妻、熟女、家出中の女子中学生になっていた。プロネカマというお仕事。解りやすくチャットレディーと書いておきますね。♪

色々な人、役になりきりお客様を楽しませるお仕事♥人を演じ、人に楽しんでもらう、という事、ロールプレイングするお仕事。私にとってかなり貴重な経験になっていた。

自分ではないキャラを演じる、キャラクターになるという事が楽しかった、小さな頃していた、ごっこ遊び、ロールプレイ、役を演じる、誰かになる、そういったものを創るという事はやっぱり凄く楽しいという事の原体験、再確認になっていた。

 

その頃、ドラクエシナリオライター募集の最終選考まで行き、最終面接で、生みの親、堀井雄二様に「一番、大好きなドラクエは、ドラゴンクエスト5です!」と言えた事は私の人生の中でベスト5ぐらいの幸せポイント。小学生の頃の自分からしたら信じられないできごと。落ちたけど。

大好きな場所にいきたい、大好きな人に会いたい、その為にお手紙を書いたり、企画書を書いたりするという、行動原理といったものははずっと変わっていないのかしら。と思いました。

 

地元に戻り 病気療養~飲食店経営(風俗店経営時代)

祖父の死をきっかけに出身地、地元へ戻ります。20歳の頃、父、祖母が死んだ時、ブラックマスコミ時代にはできなかった遺品整理などを母と一緒にした。

東京に家はあったけど、なんとなくそのまま宮崎に残り、ゆっくりと過ごした。

今振り返ると、約10年、ゆっくりというには長すぎる時間でした。

プロネカマのお仕事は、私が居なくても問題なしなお仕事、そのままフェードアウト。

この前後に二十歳の頃から苦しんでいた病気がパニック障害というもの、自律神経系の病気という事を知りました。やっと正体、戦い方が解った。向き合い方を知る。悔して号泣した。

 

小さな頃から、大好きな場所、大好きな事のそばに行っていました。

駄菓子屋、おもちゃ屋さん、ゲーム屋さん、小学生の頃からレジ打ちを覚えて、

貰ったお駄賃でお菓子を買う、中学生の頃からゲーム屋さんでバイトをし、割愛。

 

知り合いがしていた飲食店を手伝いつつ、飲食店経営という名の風俗店の経営をしていた。こうして書いてみると私、色々な事をしているのね…。色々な人が居て、様々な人生や、事情があるんだなぁ。

飲食店経営(風俗経営時代)、事情がある女の子がお金を必要としお仕事ができる場所がある。私はそういった子をサポートしたり、一緒になって稼いだり、そういう事をしているうちに、いつのまにかにそれが私のお仕事になっていました。飲食店経営(風俗店経営)というお仕事。長くなりそうなので、割愛ダイジェスト↓

こんな私でも、誰かの役に立てるのが嬉しかった、楽しかった。自分、自分のお店、自分のお店で働いている女の子にお客さん、常連がつくのがとても嬉しかった。お店も繁盛させたかったので、働きたい女の子を自分で探すようになっていた。

 

 毎日は楽しかった。だけど夢を忘れて、一番大切なものを消費していた。

飲食店経営、365日楽しく働いていました。病気で苦しんでいた数年と比べ遣り甲斐やその時、苦難を共にする周りもいた。水商売、経営という事でお金にも満足しちゃってた。好きな映画、好きなゲーム、好きなものを好きに楽しんでいました。

しかし、今に思えば、夜の水商売という事で、昼夜逆転、暴飲暴食の生活。夕食、晩御飯、夜食、間食、お仕事、終わりの朝ごはんー♪ そりゃ、太りますよね。。私は、いつのまにか、食べたいものを好きに食べ続けていました。消費していた。

食べ続けていたのは、自分にとって有限な時間も同じ。自分の時間という一番大切で有限なものを無駄にしていました。

当時の私はその事にすら気づいていない。幸せも不幸もほったらかし。小さな頃からの夢とかいつか忘れていた。

だから、気がついてしまった時、愕然とした。

 

幻想時代 自分の時間を見失っていた、それすらも気づかないまま。

自営業とネトゲー、ネットワークゲーム、オンラインゲームというのは相性が良い。124㎏になってた私が言うので割とまぁ説得力はあるのでは?ネトゲー等にハマり表世界から、完全に裏世界、幻想世界へひきこもり。124㎏のりあるデブ、プロネカマ、ロールプレイ、役割を楽しむ、ごっこ遊び、ネット上では美少女という2つの顔や体が生まれてた。私、いつのまにか、何者でも無い誰か私になっていた。

(オンラインゲーム、ゲームを否定する気持ちはありません。病気に苦しんだ時、自由に動ける世界、他者との関わりを意識し喜び、この後、私が再び奮起しようと思うキッカケもオンラインゲームにありました)

 

同級生が結婚し、自分の知人、後輩までもがテレビやマスコミで有名人、著名人となり活躍をしていきます。私はどこでつまずいちゃったのかなぁ…。

 

ひとつのキッカケ 最愛の娘、ユウナっち。 

以前に付き合ってた彼女が、子供を連れて帰ってきた、出戻りみたいな感じ、住む場所が無いという事で、少しの間だけ、一緒に暮らすようになる。

他人の子供だけど、自分の子供のように可愛くて、友達になった。親になりたいとも思ったけれど、それは叶わぬ願い。母親が再婚すれば、その相手が父になる。

3,4年という期間、その子の幼年期を一緒に過ごす。はじめはジュース買いとか近所におでかけするだけだったのが最終的には、飛行機に乗って旅行するまでになる。

私はその子にとって、幼年期、小学生にあがるまでの友達なんだと思った。

実際、りあるドラえもんな私だった。ドラム感 どぼーん。

 

ひとつのキッカケ 最愛の誰かあなた、幼心の君。

幻想世界、ネトゲの中でネカマな私、恋をしてしまいます。文通みたいなものかしら。毎日、毎夜おはなしをしたり、冒険へ出かけたり、好きな事を話したりしていくうちに、私、恋しちゃってた、大好きなってきた。愛しちゃった。人を好きになるという事を思い出していました。そして小さな頃の夢、私がしたかった事もだんだん思い出していきました。

好きになった方、夢やしたい事も似ていて、何か一緒にできたら、一緒したいと思うようになっていました。互いに、変わりたい、と思いっていたのかしら? 

私も、私が好きなった方も、クリエイティブ業界に憧れを抱き、クリエイターという夢がありました。だから、そんな話を沢山して、そういった事をしたくなってきました。

小さな頃の気持ち、学生の頃、感じたような気持ちを思い出していきました。

 

【記事 エピソード】

美少女は124㎏ 1年間のダイエットで124㎏まで太ってた私が62㎏まで痩せた理由。 - いまここでニコはんぶんこ!nicohanbunko blog

とても恥ずかしい@@v 

 

止まっていた時間『どれいじかん』を終わらせ、じぶんの夢を取り戻す!

2015年終わり頃、自分の人生を取り戻したい、変わりたいと思った。

2016年は2017年に繋がるような年にしていきたいと思った。2016年、準備をしていく年にして、2017年、はじめる年にしようと考えた。

『はじめようをはじめてみる、はじめようをはじめていく!』 

随分と余計なものが付いちゃってた私、不必要なものを削ぎ落していく事からはじまった。

 

124㎏から62㎏(最低58㎏体脂肪一桁)体重はんぶんこ!

夢があったし思い出した、人生諦めたくなかった!124㎏から痩せるなんてどうやってやるかもはじめてで、全く方法も何もかもわからなかったけど、はじめたらはじめられる筈、いつか痩せている筈!と思い、痩せようと思った、割愛

痩せたいと思った、痩せた先にある、したい事、実現させたい、現実があったから痩せれたんだと思う。痩せた後の事、ビジョンとかいえばわかりやすいのかな、その為にひたすら2016年楽しんだ。

 2016年という1年間で、私は、体重124㎏から半分の62㎏を通り越し、いつまにか、体脂肪一桁、アスリート体系までなっていた。驚いた。人は変われる。

 

心身の変化 こんな私でも変われる これまでと、これからへ

2015年の終わりごろ、思わなければ、はじめなければ、変わらなかった。

変わらないままただのおデブ、プロネカマとして、別の世界では美少女かもしれないけれど、現実は変わらないままそれは嫌。変わりたいから変われた。想えば叶う。

ただ一心に、変えたかった、楽しい時間や場所へいきていくためへ。

 

2016年を駆け抜けた、辛い日も含めて楽しかった。2017年がやってきた、『はじようをはじめてみようはじめていくをはじめていこう』キャッチコピー

2015年の終わり頃は、何も解らず方法も何も知らぬままダイエットをはじめた。

2016 終わり頃、ダイエットに成功した、私がいた。

 

そして2017年がやってきました。私にはしたいことがありました。これまでしたかった事と新しく生まれたしたい事。だけど私は、何をするにも経験値が不足していました。

何からはじめればいいのかが、なにをすればいいのかもわからなかった。

 問題解決方法とうか、問題が何か、何から手付けばいいのか、目的達成までの方法というか、基本とかそういうものが全く解っていなかった!

私はがこれまでにしてこなかった事を、これから経験して、身に着けていく必要がある、問題を見つけ、解決していく必要があるんだなと痛感。時間がかかっても。

 

こんな私でも大丈夫!だと言えるんです。 成功するまで続けてく

今は何から手をつけたらいいのかまるで解っていません。

でもはじめてみれば遠かろうが辿りつけるという事を覚えています。124㎏からどうやって痩せれるか何も解らなかったけれど、痩せれたし目標達成まで諦めななければ成功できるという事を覚えました。大丈夫。

失敗をしたとしても成功するまで続ければ成功できると思っています。

今、小さな頃、なんでもなかった所に、つまづいちゃって、慌ててしまったり、自分の出来な加減にびっくりしちゃってます。踏み出す事すらこんなにも辛いのかと新しい事に挑戦する事すら怯えたり、酷いもんです。ですが諦めたくない、変わることに成功をしていっている続けていく、心を動かし、自分の体で歩いていきたい。

 

 

ブログ、発信をはじめた理由。これからしていきたいこと。

こんな私でもやり直そうとし、人は変われるというこれまで私の失敗談と成功談。

新しい事に挑戦していく事に、簡単な事すら、小石に躓いて、凄く苦しいけれどそれでも楽しんでいきたいという今の私。

そして、小さな頃からの夢、今したい事できる事、これから叶えていく未来、夢などを楽しく発信していけたらと考えます。

私と同じ様な失敗をした方、病気で苦しんでいる方、同じ悩みを持っていた方の何か力になれたなら寄り添う事ができたなら。

そして、同世代の方でもしも、私の様にいつか叶えたい夢や大切なものを忘れてしまっていたり、諦めそうな方へ、人生や夢はまだまだ諦められないよ。これからだよ?と喝を入れつつ一緒に楽しんでいきたです。

若い世代の方には有限な時間を無駄にせぬよう、失敗をし続けた私だから話せる事を伝えていきたい。

そして、いつか小さな頃の私に夢や未来を教えてくれたエンタテイメント作品のようなもの、素敵な作品を届けたいと思っています。

 

ありがとうございました!

よろしくおねがいします!

 

※長くなりました、リライト予定です;

 

 

 

【2017年 現在 いまここら編】※自分史の2017年 最近バージョン少しぺたぺた。

2017年1月-2月

新しい挑戦をはじめようにも、はじめかたがわからない!

自分の人生を取り戻すとか、どうすればいいんだろ、同じ場所にずっと居てもそのままだと思い、『こことはちがうどこか』『いまとはちがうばしょ』へいってみようかな。大好きな場所の近くを探してみようとか考えていました。

 

2017年3月

ブログど初心者ですが発信力をつけて私の成功談や失敗談を通して、こんな私でも変わっていける、人は楽しんで生きていけるという事を、届けていきたいと思います。

千葉県富津市金谷へ 田舎のフリーランス養成講座、受講。

自分の駄目さ加減を知ると同時に、様々な生き方や世界と邂逅。

この痛みは成長痛。

 

新キャッチコピー

『はじめようをはじめてみる。はじめてみたら失敗しても成功するまで続けてみよう』

 

2017年4月

3月の延長戦、復習しながら、自分のしたかった事、今したい事を考えている。現在進行形。楽しく、楽しむっ!

 

 

 

 

 ※以下、編集されてません。

2017年3月23日頃 書いてた文章 ※ただのMEMOのようなものです。 

・今、私にできる事は、仕事のスキルとか、そんなにある方では無いので、というか無い。

・私のしてきた事、私のお話をしながら、誰かあなた、そして新しいお友達、新しい場所へ向かう事。

・自分にとって一番有限な資産を無駄にしてしまった!体験を物語にしたい。

 

・私のしたい事⇒同世代の方でもしも、もやもやと人生の途中で悔しい思いしている人がいたら、一緒にお話したい、私はずっと一人だった。と、これを書いていて、泣いてしまった!!!

自己紹介、自分史、書きながら、泣いてるじゃないかっ!

 これ書いてて、今泣いた。 ※2017年3月現在。

自分史、自分の歴史、自分の事を思い出して、泣くなんて…。泣きながら、書いている。

 

◆2017年になり、何からはじめたらいいかどうしていいか、何も解らなかった、ダイエットをはじめた時と同じ、自分が何をしたいか、夢を忘れいたり、自分の時間を忘れていた私にとって、 はじめる事にどうしたらいのか解らなかった。今、何がしたいのか、どうしたらいいのか、したい事をできる体は手にいれたけど、方法を知らなかった。

 

・勉強をしたくなった、学校に行きたくなった。

・今は、いまの私だからこそかける話、私だからこそ話せる事があるんじゃないかと考える。

・だけど、どうやって書けばいいのか、どうやって話せばいいのか、解らない。

・自分の中で、全部を考えていく必要、選んでいく必要があった⇒自立という事。

 

・インターネット、ブログという手段を考えた。自分の言葉で話していける。ブログの書き方、基本を知りたくなる(以前書いてたブログだとポエム過ぎ。自画自賛、素敵だけど…

 

以前書いてたブログ↓

この広くて素敵な世界+@の何処かで♪リアル+α, エンタメ&創作+愛粒 etc…,

 

そうしたら、ブログというのは、ブログを書くにも様々な方法があり、はてなブログとうブログサービスがある事を知る。アメブロじゃダメなの?LINEブログというのもあるらしい。そして、独自ドメイン、自分でウェブサイトをつくる方法もあるらしいっ!ドメイン、サーバー、なんだそれ!って所からはじまりました。

 

 全然わかんないけど、試しに、ワードプレスという方法でしてみようと、参考書を3冊ぐらい買ってきて、ドメイン契約して、つくってみた!

※現在、改行?段落がぶっ壊れていました、全詰め、ぎゅーぎゅ、ふんぎゅでっす。×

いまここでニコはんぶんこ nicohanbunko Web Site | ニッコル(ニコはんぶこ)2017年新しい挑戦、発信をはじめていく!誰かあなたといつか素敵なエンタメ楽しむ為に♪

www.nico-hanbunko.com

 

ウェブサイトの作成。ひぇー。専門的にするには時間かかるし、私、得意じゃないし、一体どうすればいいのかしら…。そもそも、私、ネカマとか、124㎏とか、カミングアウトできるのかしら… そういった不安がありつつ、ぼんやりしたい事なんかが、見えてきていた。

 

いつも、大切な人、好きなものへの気持ちからはじまってきた気がする。小さな頃の夢やしたい事を取り戻す為、まず体重を落とした、そしてこれからは、過去現在未来、総ひっくるめて、発信する方向性へ行きたいな考えるようになっていった。

 

ここ、この気持ちに至るまで、このブログや記事を書く前後、そういった気持ちがありました。

 

 

2016年末ー2017年はじめ頃

・高校の頃と同じような気持ち、素敵な人が集まる場所、東京へいたいといったイメージがぽわぽわ浮かんでいく。

キングコング 西野亮廣さんの存在、20歳 深夜の東京NSC 吉本興業で、当時、先輩同期とはじめてみた衝撃、2000年の気持ち、2000年代中盤、そして2016年、キングコング西野亮廣という同年代、頑張り続けていたクリエイターに、略 未来記事予定

 

2017年 2月

・4月から東京に行こうかなと考えていた。勉強をするのか、仕事をするのか、何もまだ 決まっていなかったけど。

・2月の途中に 色々と探しているうちに、独立、ブログや発信の仕方、シェアハウス、調べていくうちに、田舎のフリーランス養成講座なるものを見つける。

・ほんとにあるのかしら、そんなとこ!実際に行って何もなかったらどうしよう…グーグルアースで、地図マップ見る、おお、本当にあるらしい@@v

 

今の私が体験している事、今時間の事はこれからいつか、書いていきたい。

私は、ほんと何も知らず。最初の段階から覚え直していく必要があった。

今は発信力を付けて、伝えたい事を伝えたい人に届ける為の方法を身に着けていく、落とし込みの勉強をしている。

 

フリーランス、自立という考えは、仕事、働く事だけではなく、人生において、基本であり、応用であり、全てかなと、いつかちゃんと文章化したい。

自分で考えて自分で動くという事、選択していくとう事。

ブログも仕事も、人生も、ダイエットも全部、同じだと言える。通じてる。

 

不必要なものを削ぎ落とし 自分に必要なものを選んでいく。

時に、不必要なものも、楽しいかもしれないけれど

(編集していく能力も大切、痛感中)

 

 

小さな頃の私、高校の頃の私と変わっていない。

 私は、私にしかなれないなー。

 ひとは、誰かになれる。人は、自分にしかなれない。

自分の人生を取り戻し 自分の人生を手にし、自分の物語を生きていく

 

まとめ(に、なっていない。。v)

ずっと変われない自分がいた、そして変われた自分がいた。

まだまだ自分も多いけれど、不得意は他の人に任せればいい。

全部ひとりでする必要はないし、自分にしかできない事がきっとある。

私は、これまでの自分と同じように苦しんでいる人の気持ちは解ります。解りますっていっちゃうのは、簡単かもしれないけどさ。。。解る。だから私の事も、書きました。結構、ぶっちゃけ、晒しだしてみたっ!よければ、一緒に、今や未来を楽しんでいきたい。

お互い、それぞれ、みんなそれぞれの人生だけど、旅の途中で出逢った人たちが、小さな頃にいつかした、ように、ごっこ遊びしたり、みせあいっこしてみたり、そういう気持ちが、ニコはんぶんこだったりする。2017年に書いてたもの。※見辛いけど。。

www.nico-hanbunko.com

 

まだまだないものは練習をしたり、ごっこ遊びをするところからはじめてみたり

楽しく失敗しちゃえばいいんじゃないかと思う。

www.nico-hanbunko.com

 

私、今、悔しい程失敗しながら、いまここで発信をはじめていくところから、はじめてみます。これからどうぞ、よろしくおねがいします。

 

ありがとうございました!

にっこる ニコはんぶんこ。 2017年 3月23日

 

また

またねー☆

 

ぽてぽて、ふんぎゅ、♪